FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インド旅行 『3日目-①』 ☆11月1日☆
今日の出発は7時の予定だったので、5時に起床(・┏Д┓ゞ)ネムゥ

朝食は6時半からだと聞いていたので、レストランに向かうも…
扉が閉まってるΣ(・艸・。)

ホテルの人に聞いたら、朝食は7時からだって言われました(゚Д゚;


しょうがないので、ホテル内を散策♪

今回、ジャイプールで泊ったマハラジャの邸宅ホテルは
「ALSISAR HAVELI : アルシサルハベリ」です♪(*^ω^)v

インド旅行

入口は小さな建物で、フロントもこじんまりしてる・・

インド旅行 インド旅行

でも、中に進むと中庭があって雰囲気がある建物で良い感じ~♪

インド旅行

客室47室って言ってたから、そんなに大きなホテルではないです。。
中庭に面した感じで、客室が並んでいました("▽"*)

インド旅行 インド旅行

プールもあったので覗きにいったら、ちょうど清掃中で泡だらけでした。

インド旅行

ちなみに、泊った部屋は最上階の角部屋だったので、建物内の中庭を
眺める事ができました・・静かだったな~(´ ▽`).。o○

インド旅行 インド旅行

ホテル内をウロウロしていたら、ちょうど7時になったので、
昨夜と同じレストランで朝食ですΨ(゜。゜)Ψ

ここのスタッフのターバンを借りて、一緒に写真撮影もしました♪

インド旅行 インド旅行

7時が出発時間って聞いていたから、ちょっと慌てて食べてたけど・・

インド旅行

ガイドに事情を話したら、出発が7時半に変更になりました(゚▽゚;)


ホテルを出発して、ジャイプール最後の観光に向かいます≡3

車で20分程かけて向かった先は、丘の上のゴージャス宮殿♪
アンベール城です。+゚ (o゚┏v┓゚) ♪。+゚

インド旅行

Amber Fort(アンベール城)
砂漠の国の戦士:ラージプートのマハーラージャが建てた城で、
16世紀のアンベール王国の首都だそうです。。
歴代のマハラジャによって増改築が繰り返され、17世紀の
ジャイ・スィン1世の時代に、ほぼ現在の姿になったと言われています。

まずは城の麓で、象タクシーに乗り込みますヾ(*´∀`*)ノ

インド旅行 インド旅行

象タクシーは、7時半からの営業らしいのですが、りん♪達が
出発する頃には、象で混雑していましたΣ(´・・_,`*))))

インド旅行

微妙な坂道を、のんびりスタート⊂^j^⊃ パオーン!

インド旅行

城壁に沿って登っていくので、周りの景色を楽しむ事ができます♪

インド旅行 インド旅行

写真では人があまり映っていませんが、土産売りが追いかけてきたり、
象に乗った観光客の写真を撮って、商売をしてる人達がいました。。

     インド旅行

ずいぶん上まで登ってくると、見える景色も違ってきます♪

インド旅行 インド旅行

やっと入り口が見えてきました☆⌒v⌒v⌒ヾ(*・∀・*)ノ

インド旅行

かつて王族のみが通過を許可された、太陽の門をくぐります♪

     インド旅行

かなり広い中庭にでました≡3

アンベール城の最初の中庭で〝ジャレブ・チョウク〟と言います。
マハラジャを護衛する兵士たちの空間として利用され、周囲の
建物はかつての兵舎で、広場でパレードや訓練が行われたんだって。。

インド旅行 インド旅行

向かって右側の門から入って、左側の門の近くで象を降りました♪

インド旅行

ちなみに右側(東)が〝太陽の門〟で、左側(西)が〝月の門〟です。
太陽の門は王族専用、月の門が一般用だったそうです(´・∀・`)ヘー

インド旅行 インド旅行

早速、内部に向かいますヘ(^^ヘ)))。。。

中庭までは入場料もかからない為か、土産売りの人達がたくさんいるっ。
取り囲まれるのを振り切りながら、ガイドさんについていきます≡3


中庭から一段高い所にある、アンベール宮殿の入り口♪
ライオン門(Sing pol:スィン・ポール)と言って、表面は綺麗なフレスコ画で
飾られていました。+゚(*´∀`*)。+゚

     インド旅行

ライオン門の内部は、敵の侵入を防ぐ為に90度に折れる形でした。。


最初に案内されたのは、一般謁見の間(Diwan-i-Aam:ディワニ・アーム)
役人との会議や使節への謁見など、マハラジャが公務をおこなった建物です。

インド旅行

列柱で構成される空間で、外側の柱は赤砂岩、王が位置する中央は
大理石で造られていました。。

柱に施された象のレリーフは、ムガール様式とラージプート様式が
おりまざった特徴のあるデザインなんだそうです(・0・。) ほほーっ

インド旅行 インド旅行

次に向かったのは、ガネーシャ門(Ganesh Pol:ガネーシュ・ポール)
緻密なフレスコ画が美しい、インドでも屈指の美しさと言われるほど
綺麗な門です。。
宮殿の中心となるディワニ・カースの正門で、ここから先はマハラジャの
プライベート空間となるそうです。。

インド旅行

確かに綺麗~・*:.。☆..。.(´∀`人)

ムガール帝国のイスラム様式の影響で、アラベスク模様や植物を
モチーフにした装飾が特徴的ですが、正面入口にはヒンドゥーの
ガネーシャ神が描かれていました(〃 ' o')(〃 ' O')ホー

インド旅行 インド旅行

ガネーシャ門を通り、階段を上がると・・・上層の中庭に面して建つ、
鏡の間(Sheesh Mahal:シーシュ・マハール)が、あります♪

インド旅行 インド旅行

天井や壁に無数の鏡が埋め込まれている事から、鏡の間と呼ばれ、
王様が賓客を迎える時に使われたそうです。。

インド旅行

数本のロウソクを灯すと、光が反射して幻想的な雰囲気になるんだって~♪


次は・・・ガネーシャ門の2階にあたる部分にある、
ソーハグ・マンディール(Suhag Mandir)と、呼ばれる場所♪

インド旅行

フレスコ画はもちろん、透かし彫りの装飾がすごいっw(゚o゚*)w

王族の女性たちが外から姿を見られることなく行軍の様子などを
眺めるのに使ったそうです。。

インド旅行 インド旅行

真ん中の小窓は、凱旋した王様を迎える時に花を巻く為の窓なんだって。


上から眺めると、ディワニ・カースの全貌が良く見えました♪

向かって左が鏡の間、右はスク・ニワス(Sukh Niwas)と呼ばれる、
王様の私室で、左右に王妃の部屋が並んでいますヾ(*´ω`)ノ

インド旅行 インド旅行

ちょうど正面の建物は、ゼナーナ:The Zenana(ハレム)と呼ばれる宮殿で、
12人の王妃と側室、その侍女たちが暮らしていたそうです。。

王様以外の男性に姿を見られることが禁止されていたから、高い塀で
囲まれているんだってΣ(*´Å`*) ヘェー


庭園はイスラム美術の装飾文様:アラベスク柄で綺麗です~♪

インド旅行 126

アンベール城って広いな~って思っていたら、これで終了でした(゚▽゚;)

インド旅行 インド旅行

行きは象タクシーでしたが、帰りは徒歩で下って行きますヘ(^^ヘ)))。。。

     インド旅行

出口近くに屋台が2軒並んでいて、バングルが綺麗に並んでました♪

インド旅行

結局、買う機会がなかったから買っとけば良かったな~p(-ω-〃)

インド旅行 インド旅行

建物を出ると、最初に見た景色が広がって出てきた~ッて感じ。

遠くに、こんな建物も見えましたが詳細は不明です(^_^;

インド旅行

これでジャイプールの観光は全て終了したので、ここからまた
車で長距離移動の開始です((((((((((((っ´Ι`)っ

インド旅行 インド旅行

9時にジャイプールを出発して、途中は高速道路も使ったみたい♪

インド旅行

約2時間程走った所で、トイレ休憩が入りました。。

休憩所には、だいたいお土産屋さんと小さなレストランがあって
20分くらい時間をもらえるから、お茶する事も可能です♪

インド旅行 インド旅行

りん♪達がマサラティーを飲んでいると、隣でガイドのシンさんは
朝食を食べだしました・・・今頃、朝食って(^_^;

インド旅行

ガイドさんが食べ終わったら、休憩したら早速出発≡3


途中、大きな煙突をいくつも見かけたから、ガイドさんに聞いてみると、
レンガを作っている場所なんだって(´・∀・`)ヘー

インド旅行 インド旅行

ジャイプールを出発して約3時間・・途中で観光がありました♪
まだ次に向かっているアグラまでは、後40㎞ぐらいあるみたい。。

車を降りると・・物売りやリクシャーなどの呼び込みがすごいっ。
一生懸命ガイドさんについて歩くと、バスに乗るように言われます。

インド旅行

上の写真は、まだ人が少ない所で撮った写真です(〃゚д゚;

インド旅行 インド旅行

言われるまま、バスに乗って移動します(^^; ) =3 =3

インド旅行

ガイドさんが入口でチケットを購入して、中に進むと…ε=┏(^-^)┛

インド旅行 インド旅行

Fatehpur Sikri(ファテープル・シークリー) 〈世界遺産〉
世継ぎに恵まれなかった第3皇帝アクバルが、アグラから遠く離れた
この土地に住む預言者から3人の息子を授かると預言された。
それが現実となり、喜びと共にここに都を移したそうです。。

約5年かけて造られた都でしたが、水不足と猛暑が原因で、
あえなく14年で首都機能を失い、ゴーストタウンになったそうです。。


ファテープル・シークリー(勝利の都)は広く、モスク地区と宮廷地区に
分かれていて、今回は宮廷地区だけの観光でした。。

最初に見えたのは、ディワニ・カース(Diwan-i-Khas)と呼ばれる塔♪

インド旅行

さまざまな建築様式が取り入れられていて、石造りなのに木のように
見える不思議で見事な建物です♪

特に中央の柱の上にある、アクバル帝の王座…木造建築のようΣ(・艸・。)

 インド旅行  インド旅行

皇帝は日中、風通しの良いこの王座で過ごす事が多かったんだって♪


ちょっと移動して、高台から貯水槽を眺めていると、その貯水槽の端に
立っていた男の人が、こちらに手を振りながら急に飛び込みましたΣ(ロ゚|||ノ)ノ

水面まで10m以上はある所から飛び込んだから、ちょっと驚いてると…
水から出て「マニー、マニー」って、チップを要求してきました(-”-;)

インド旅行 インド旅行

勝手に飛び込んだ勝手なショーなので、もちろん無視ですε=(#`・д・)

次に案内されたのは、パンチ・マハール(Panch Mahal)
最上階のドームに向かって、4つのフロアが重なる五重塔。
ヒンドゥー語で、「パンチ」は「5」を表すんだそうです。。

インド旅行

最も広い1階は、ヒンドゥーで縁起の良い数字とされる84の柱があって、
上に向かいフロアが小さくなっているのは、風通しを良くする為なんだって。


次の場所は、プールの奥に建つ、クワーブ・ガー(Khwab Gah)

インド旅行 インド旅行

アクバル帝が側近と会ったり執務をこなした場所で、1階の部分が
クワーブ・ガーと呼ばれ、皇帝のプライベート部屋だったそうです。。


この辺りで、ちょっと暑さでぐったりしてたかも…影がないからな~

ちょっとだけ見た、ディワニ・アーム(Diwan-i-Am)です…たぶん(^_^;

インド旅行

最後に見たのは、ジョダ・バイ宮殿(Jodh Bai's Palace)
アクバル帝とその妻達が住んだ宮殿です。。

インド旅行

皇帝には、ヒンドゥー教徒の妻の他にイスラム教とキリスト教の
妻がいたそうで、中庭を囲むように3人の部屋が立っていました。。

インド旅行 インド旅行

ちょっと時間を貰えたから、ぐるーっと1周してみたε=┏(*´∀`)┛
同じ造りの部屋が並んでいて、最後はどこだか分からなくなっちゃった( ・。・)?

インド旅行

ガイドさんはぐったりと座って、りん♪達が周って来るのを待ってました。。

インド旅行

部屋の中はこんな感じ♪

確かに暑かったけど・・・王宮を建てる前に分からなかったのかな~?
猛暑の為に、たった14年で放棄されたなんてもったいないな~(゚_゚;)


13時半頃まで観光して、またバスに乗って車まで戻ります≡3

インド旅行 インド旅行

いよいよ、タージ・マハルのあるアグラに向けて再出発ε=(ノ^∇^)ノ

インド旅行 インド旅行

途中、牛の群れがいる所もありましたが・・・

インド旅行

車はクラクションを鳴らしながら追い越しして、めちゃ早く走るので、
一瞬で通り過ぎてしまいましたわ・・≡(Ο; ̄□ ̄)Ο



さて、アグラまであと少しですが・・・
長くなってしまったので、次回にしたいと思います┏( ;〃。 _ 。〃 )┓

いよいよ、タージ・マハルの観光です♪
興味のある方は、お楽しみに~(*ゝω・)つ・。*。・♪♪
Secret
(非公開コメント受付中)

meromero park
最近のコメント
今までに行った国々♪
  • 管理者ページ
  • 最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    最近の記事
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CUBOX
    カウンター
    ブログ内検索
    カテゴリー
    楽天おすすめ商品
    リンク
      かっちゃんガイド かっちゃんタクシー.jpg
      ツン様のブログ    title_bg2.jpg
      みさお様のブログ misao_bana.gif
      riemi様のブログ 20070708161818.jpg
      こーたさんのブログ ko_ba.gif
      かんこママのブログ kanko_bana.gif
      相互リンク随時募集中♪
    くる花♪

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。